2004全日本GT選手権

 

大会名:GT LIVE USA JGTC 2004 ALLSTAR
開催場所:カリフォルニア・スピードウェイ(アメリカ)
開催日:12月18予選、200マイルレース決勝。19日スプリントレース決勝
観客動員者数:200マイル決勝日32,500人
レース距離:3.68km×87周(200マイルレース)
天候:晴れ(決勝日)
路面状況:ドライ、気温24度/路面温度25度(200マイルスタート直前)

 久々にオールスター戦としてに開催される今回のレースは、JGTC初のアメリカ戦開催となる。

その舞台は西海岸のカリフォルニアだ。インディやNASCARが走るオーバルには

速度低減のためのシケインを設置し、インフィールドのコースとつないでの1周3.68kmの

コースを使ってのメインレースと公式予選は土曜日に行われることとなった。

18日土曜日、13時30分から公式予選が開始された。

気温26度、路面温度30度と12月とは思えない暑さの中でのセッションとなった。

500クラスとの混走セッションの後、14時から10分間が300クラスのアタックタイムとなった。

7は山路が今回もアタックをつとめる。7は1分30秒959と6番手にとどまった。

ポールポジションは43ガライヤの29秒190だった。「タイム的には、鈴鹿のままの(重さの)

クルマでは苦戦すると思っていました」と山路。

迎えた200マイルの決勝レースは、16時30分からのスタート。

ちょうど日没となり、夕やけの空をバックに2周のローリングからスタートがきられた。

スタートでは1台のマシンが脱落したため山路のドライブする7は5番手からのスタートと

なり、間もなく77インプレッサをとらえて4番手に浮上。さらに12周目には43ガライヤが

インフィールドでストップしたため3番手となった。この回収のためにイエローフラッグが

出されて16周目に再スタート。この時16NSXがピットインしていたため、81Zについで

2番手となる。23周目には81をとらえてトップに立った!28周目にはルーティーンの

ピットストップ。ドライバーは井入には交替せずに山路が2スティント目にクラス2位で

コースイン。トップの16NSXには30秒の大差があった。55周目で2回目のピットストップを

予定していた。ところがその2周ほど前に周回遅れで走行タイムが3秒も遅い26バイパーと

シケインで接触してマシンの左側を大破。3輪の状態でなんとかピットまでたどり着くものの、

大きなダメージを負ったマシンはこのレースではリタイヤとなってしまった。


 2005年もきっと7セブンの快走を各地のサーキットで観ることができるだろう。


※ 下記写真クリックで拡大します。 

001 002 003 004 005 006 007 008 009 010
                   
011 012 013 014 015 016 017 018 019 020
                   
021 022 023 024 025 026 027 028 029 030
                   
031 032 033 034 035 036 037 038 039 040
                   
041 042 043 044 045
Copyright(C)2004 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.