2004全日本GT選手権

 

大会名:2004 AUTOBACS JGTC Rd.5 「MOTEGI GT Champion Race」
開催場所:ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)
開催日:9月4日予選、5日決勝(3日公開練習日)
観客動員者数:決勝日51,000人、予選日17,000人
レース距離:4.801379km×63周
天候:曇り(決勝日)
路面状況:ウエット、気温22度/路面温度25度(スタート直前)

 

決勝レースは、定刻の14時にフォーメーションラップが開始。気温22度/路面温度25度と

例年の暑さとは無縁の涼しいもてぎのレースとなった。今回はスタートドライバーを前戦の

井入から山路に戻した。雨は止んだものの路面はウエットコンディションだ。スタート直後、

7は6番手でオープニングラップを終えるが、2周目の2コーナーでコースアウト。

大きくポジションを下げてしまう。13周目でピットストップを行いタイヤ交換。20周目では

19番手としていた。30周目では10番手まで挽回をはたすが、32周目でピットインする

7に異変が起きてしまった。電気系のトラブルから電圧が低下しパワーステアリングが

効かなくなっていた。「パワステが効かなくてピットロードのシケイン曲がれずに止まって

セルが回らなくなって止まってしまいました」と山路。井入選手にバトンを渡す直前で惜しくも

戦線離脱という結果となってしまった。「クルマのポテンシャルは上がってきてる。

後はタイヤとのマッチングで、みんなを『アッ』と言わせられる自信がありますよ(笑)。

スリックへの交換タイミングは絶妙でした。残り2戦で、シリーズをコントロールできる

位置にはないけれど、がむしゃらに攻めるレースしますよ。ロータリーにとって不利な

コーナーが少ないコースでの2戦ですからね」とは山路。次戦は10月30日〜31日の第6戦、大分県オートポリスでの開催となる。

※ 下記写真クリックで拡大します。 

001 002 004 005 006 007 008 009
               
010 011 012 013 014 015 016 017
               
019 020 021 022 023 024 025 026
               
027 028 029 030 031 018
Copyright(C)2004 RE Amemiya Corporation. All rights reserved.